Home > カーライフ Archive

カーライフ Archive

最近はまった本

交通を制するものは、人生を制す。

どうしてアリは渋滞しないのか?(そして人間はするのか)
世の中にはなぜ危険なドライバーばかりなのか?(ただし自分は除く)
交通にかかわる事象を検証すると驚異の世界がみえてくる。?

tonarinosyasen
となりの車線はなぜスイスイ進むのか?(交通の科学)
トム・ヴァンダービルト著 酒井泰助訳
早川書店 1.890円 amazon.co.jp

よく利用させていただく本屋さんでふと目に留まって思わず買ってしまいました。読んでみるとなかなか奥深く、痛快な展開で著者が指摘する心理に思わず、随所で自分を見透れているような感覚を覚えました。1.890円で久しぶりに楽しませて貰いました。

おすすめの一冊です。

BMWアルピナ ロードスターV8リミテッドエディション

HAPPY NEW YEAR!
May you delight in all the joys of the season.


V型8気筒DOHC32バルブ 4,837(cc)5AT
FR 389/5,800(ps/rpm)/53/3,800(kg-m/rpm)
4,400x1,830x1,315 1,620(kg)
当時の新車価格 20,895,000円

ぜひ手に入れたい車ですね!
中古車市場では情報があまりないようですが流通することはあるのでしょうか?
日本市場には何台登録されているのかご存知の方おりましたら教えてください。

「宝くじ」確認しなくちゃ!

熱望の1台

2008年秋デビュー嵐閨FニューモデルFerrariCalifornia」オフィシャル写真

フェラーリカリフォルニアV8 FRオープンモデル

V8をフロントに搭載するフェラーリ史上初のレイアウト。直噴式の新しいV8は、4.3リッターの排気量から最高出力460ps/7500rpmを発生。既存F430と比べ30ps少ない出力ではあるものの、アルミ製のシャシー&ボディ・トランスミッションは、7段デュアルクラッチ式を搭載しマシン加速は、0-100km/h4秒以下で駆け抜けるという実力者。また、新開発のリアマルチリンクサスペンションやブレンボ製のカーボンセラミックブレーキの採用など、高性狽ヤりも健在。

そしてなにより環境性狽ノも配慮し低燃費・低排出化を実現。CO2排出量は310g/kmとなる。
フェラーリカリフォルニアはマシンを操る楽しさと快適性を両立させた賢い恋人そのものである。

フェラーリカリフォルニア・最新情報スペシャルサイト
http://www.ferraricalifornia.com

カルフォルニアプロジェクト始動!

跳ね馬 高級自転車いずこに!

Colnago for Ferrari 60th Anniversary

イタリアの名門自動車メーカー、フェラーリの創業60周年を記念した高級自転車が少し前(2008年初頭)に話題になりました。イタリアのスポーツ自転車メーカー、コルナゴがフェラーリと共同開発したロードバイク記念モデル。

車体の色は鮮やかに彩られたフェラーリレッドのみで、「コルナゴがレースに勝つために現在考えうる全ての技術を結集した。」というように、フレームやハンドル、スポークなど車体のすべてがフェラーリ車と同じ軽量カーボンで作られている。総重量は約6.5キロで、一般的な自転車の3分の1ほどしかない超軽量車体。

創業60周年にちなんで世界で60台だけ限定販売。価格は189万円(税込)。

日本には何台あるのでしょうか?

とき同じころ私はイギリスメーカー(ギアシマノ製)のサイクルを63.000円で購入。
これで2Kgやせました。

1.890.000円÷63.000円=私の高級自転車を30台購入できます。

最近気になる車

メルセデスベンツ C250 ステーションワゴン アバンギャルドSパッケージ(W204)

型式 DBA-204252
全長×全幅×全高 4600×1770×1460mm
総排気量2496cc
種類V型6気筒DOHC
最高出力204ps(150kW)/6100rpm
最大トルク25.0kg・m(245N・m)/2900〜5500rpm
駆動方式 FR
トランスミッション 7AT
タイヤサイズ(前)225/45R17 (後)245/40R17
車両重量 1610kg

車両価格6.700.000円

Home > カーライフ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top