Home > アスリートゴルファー Archive

アスリートゴルファー Archive

女子トッププロの飛距離!

akagi-d
赤城カントリークラブ18番ホールに刻まれていたドライバーショットの飛距離位置プレート

宮里藍プロはラフに落下してランがあまり無かったためか、思いのほか飛距離が出ていなかったようです。横峯さくらプロは280ヤードほど飛んでたようで私のティーショットより遥か先でした。
早速、筋トレの開始です!

赤城カントリークラブにて

akagi18
最終18番ロングホール

先週、宮里藍プロが優勝したSANKYOレディースの開催コースへ行ってきました。
最終日とは少しピンポジションが変更されていましたが、その他は同等のコースコンディションでプレーが出来たので、トーナメント気分満載でした。
特にグリーンコンディションは抜群で、さすがに早いと感じました。
3パット3回、池ポチャ1回、スコアは想像にお任せします。
まだまだ修行の途中です!

2009マスターズがやってくる!

mastersflag
ジョージア州オーガスタ
オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ
2009年4月?日本との時差:約14時間

ジョージア州といえばアトランタが思い浮かびます。あの有名な映画「風と共に去りぬ」の舞台となった町。それにもましてオーガスタ、ゴルフをたしなむ者としては一度はプレーをしてみたいところではないでしょうか?

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブはクラブメンバーと名誉会員となった優勝者(グリーンジャケットを手にしたマスター)だけがクラブハウスの2階に上がれると聞いたことがあります。またビジターのみでプレーする場合は、招待したメンバーが一番ホールに立って見送るという習慣があるそうです。

「僕はグリーンジャケットを持ち帰り、自分のクローゼットに入れたい。」と言ったタイガーウッズは1977年に若干21歳で初優勝。マスターズ史上最少の18アンダー(2位とは12ストローク差)という驚異的なスコアでした。

私も含め、我が子に夢を託しプレーを観戦させる親は多いのではないかなぁ。試合を観つめる子供たちに、マスター達のプレーはどのように映つるのか?未来を創り上げる為の、マスターブックになってくれることを祈りたい。

我が子にマスターズからインビテーションが届くことを夢見る父親より。
mastersinvitation1バックを担ぐ体力をつけておかなければ…

太田双葉カントリークラブ天王9番ロングホール

天王9番ロングホール 第2グリーン 距離466ヤード

侮ヲ以上に距離のあるロングホールで、打ち下ろしで豪快なドライバーショットをイメージしてか、つい力んでしまいがちなティーグラウンド。右に落ちるのを嫌ってか左林へOBにすることが多い。弱気に漬け込む魔物がほくそ笑んでいるコース。2打目から打ち上げとなり3打で500ヤードは飛ばさないとパーオンは不可狽ナす。ここまですでに5オーバー。4オン1パットのパーで切り抜けスコア41。30台はまだまだ先の先…。

赤城カントリー倶楽部16番ショートホール

16番ショートホール 本日サブグリーン 距離163ヤード

池越えですこしプレッシャーがかかるがとても綺麗でティーグラウンドに立って気持ちの良いホール。晴天無風 6番アイアンでほぼフルショット、ストレートボール、ピン左3メートルに見事ON!すでに後半はここまで6オーバーもちろんバーデー狙い!ムム…2パットでパーでした。(まだまだ修行がたりません。)

日本のゴルフ場にはお昼休みが付き物です。

今日のお昼は、といってもまだ11時ですが日本のゴルフ場はなぜか中休みがあります。ご丁寧にもほぼ40分は頂けるのでどうしても昼食というパターンになります。これも日本の文化ですから…まさかゴルフ場の経営上の戦略ではありませんよね?

豚かつ定食はちょっとヘビーだったかな???

赤城カントリー倶楽部9番ミドルホール

9番ミドルホール 本日サブグリーン 距離335ヤード

ティーグラウンドもさーびすDAY?で前でした。230ヤードで池に入りますとのキャディーさんからのアドバイス。もちろんここはドライバーを持って…がしかしナイスショットで池に入らなかったら飛ばないプレーヤーのレッテルを張られてしまうのでここはもちろんバフィーでもアイアンでもないタラコのような変ったクラブで210ヤードをかるいドローで池の前。ピンまで残り125ヤードを9番アイアン、少し(だいぶ?)かんで約20ヤード手前にON!でも2オンなのでパーは固いと余裕でグリーンへ。しかしゴルフの神様はミスショットにパーフェクトの称号は与えてくださらなかった。なんのなんの4パットのダボで前半終了。トホホの41でした。

Home > アスリートゴルファー Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top