Home > 活字文化 Archive

活字文化 Archive

20歳のときに知っておきたかったこと


What I Wish I Know When I Was 20
Tina Seelig:ティナ・シーリグ

自己啓発?
頷けるいい言葉がいっぱいありました。

輝くチャンスは自らの思考や行動によってもたらされる。
常識を疑い思考回路をリセットし、新たな行動へ飛び出そう!

新たなプロジェクトを始める動機付けに役立つと思います。

最近はまった本

交通を制するものは、人生を制す。

どうしてアリは渋滞しないのか?(そして人間はするのか)
世の中にはなぜ危険なドライバーばかりなのか?(ただし自分は除く)
交通にかかわる事象を検証すると驚異の世界がみえてくる。?

tonarinosyasen
となりの車線はなぜスイスイ進むのか?(交通の科学)
トム・ヴァンダービルト著 酒井泰助訳
早川書店 1.890円 amazon.co.jp

よく利用させていただく本屋さんでふと目に留まって思わず買ってしまいました。読んでみるとなかなか奥深く、痛快な展開で著者が指摘する心理に思わず、随所で自分を見透れているような感覚を覚えました。1.890円で久しぶりに楽しませて貰いました。

おすすめの一冊です。

ノルウェーの森 再読

遥か昔に読んだ村上春樹著「ノルウェーの森」を本棚の奥から発見!記憶がよみがえることなく今日から読み直しです。情けないことですがそれはそれでお得な人生がもれなくついてくるものです。読んだことあるのはうっすら覚えていても内容が思い出せないので新たな気持ちで読み直せます。ノルウェーの森に限っては、本屋さんで発見しても二度買いは免れたでしょう。

秋の夜長の恥まり始まり。

本棚にあって読んだことのある文庫本をまた買ってしまった!読み終わるころ「おやっ?」と思って本棚を覗いて気づくとは、いやはや…。

Home > 活字文化 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top